よみの国研究所 > マンガ探偵団 > セントポーリアの村へ >

水上澄子・マスカレード/あらすじと登場人物紹介

by しい [2001.2.8]

マスカレード/タイトル昭和57年11月〜58年1月号/なかよしデラックス掲載
マスカレード/バックの花
19世紀のイギリス。
行方不明になっている幼なじみ・ロザを探しに、
ウォルターは、レディング家へと向かう。
とちゅう、館への道をたずねるが、
その馬に乗った銀髪の少年こそ、ウォルターが
家庭教師として勉強を教えるはずの生徒・
アドリアンだった。
はじめはアドリアンを扱いにくい子と思っていたが、
その母親の彼に対する態度や環境がわかるにつれて、
彼を理解してゆくウォルター。
アドリアンの方も、やさしくしてくれた、
前の家庭教師のロザ先生以上にウォルターに
うちとけていった。
マスカレード/ウォルター
▲ウォルター
レディング家へ家庭教師としておもむく。
ラッセル男爵家の次男。
マスカレード/アドリアンとジョゼフィン
▲アドリアンとジョゼフィン
レディング家のふたごの兄妹。
ロザとともにジョゼフィンが行方不明に。
▼セバスチャン(セバーン)
レディング家の長男、若き館当主。
アドリアンとジョゼフィンの兄。
▲レベッカ夫人
レディング家の未亡人。
深く愛した夫を亡くし、
パーティーなどにあけくれる。
夫の忘れ形見のセバーン
をかわいがる。
マスカレード/レベッカ夫人とセバーン
マスカレード/マイルズ
▲ロザ
行方不明になるまで、
館にて家庭教師をしていた。
ウォルターの乳母の娘。
ウォルターとは兄妹の
ように育った。
▲マイルズ
館の客。
野心をもった、
レベッカ夫人のとり巻き。
マスカレード/ローザ
半年まえにいなくなった、アドリアンとは双子のジョゼフィン、
そしてロザ。ウォルターは、その行方をさがし続けるが、
やがて館の未亡人とそのとり巻きであるマイルズが、
二人の行方にからんでいる、と考える。
さらに、アドリアンとジョセフィンの兄・セバスチャンも、
事件について何かを知っている、とも思いはじめる―――。


[ 感想・投稿 | お茶とパイの店(掲示板) | セントポーリアの村へ | マンガ探偵団 | よみの国研究所 ]