絵柄で選んだ作家リスト



HIT版「絵柄で選んだ作家リスト」(1997.6.16)

 在庫1300冊の大マンガ書庫(+ダンボール箱)は、実家に残してきているので、記憶を頼りに選んでみます。
1.少女マンガ系
(1-a)講談社系
文月今日子 「笑って姫子」 文句なしにかわいい。
布浦  翼 「ア・エテルナ・イグアス」これも文句なしにかわいい。
高畑 梨絵 「とんがり帽子のメモル」アニメよりはるかにかわいい。
竹本  泉 「あおいちゃんパニック」なんともいえない独特の世界。
片岡みちる 「貧血パニック」絵はかわいいんだけど...。
竹田真理子 「涙をラッピング」短編に秀作多い。連載は苦手みたい。
くりた陸  「夢いろクッキング」かわいい...。
(1-b)集英社系
太刀掛秀子 「べべ・ピアティ」なんというか、引き込まれます。
田渕由美子 「フランス窓物語」...。
清原なつの 「真珠とり」なつのさんが照れずに描いた女性は素敵です。
谷川 史子 「君と僕の街で」絵柄で一押し。やっぱりいい。
(1-c)小学館系
みさきのあ 「クララ白書」ファンレターに返事もらった。
川原由美子 「KNOCK!」昔の絵の方がかわいい。
(1-d)白泉社系
ひかわきょうこ「千津美と藤臣君シリーズ」かわいいよね。やっぱり。
いとうかこ 「鳩子ちゃんシリーズ」途中で講談社系へ転出(伊藤かこ)。
(1-e)秋田書店系
あしべゆうほ「クリスタルドラゴン」この人の普通のラブコメが読んでみたい。

2.その他マンガ系
吾妻ひでお「美美」マンガ暦の原点。
MEIMU .... おとぎの国のような絵であのお話は...心地よい。

古い作家(現在もしぶとく活動中の作家もいますが)ばかりですね(^^)
 あと、耕野裕子や紡木たくのように、「絵は嫌いだけど、内容で好きになった」作家も多いですね。そちらの特集もやってみたいです。


non版「絵柄で選んだ作家リスト」(1999.6.27)

ちなみに私もちょっと考えてみたんですが、
 講談社系;松本洋子ストロベリー探偵団」
       (このころの絵柄が一番好きなのです。)
        原ちえこ「ペルシャン=ブルー」(すてきです。)
        大和和紀「眠らない街から」(タイトル合っている?
         本が実家にある・・・)
        曽祢まさこ「ふたりめの神話」
        わだかづよ「ふたりのポプリ」
 集英社系;太刀掛秀子「青いオカリナ」
       (実はつい最近読みました・・・。よかったです。)
        萩岩睦美「魔法の砂糖菓子」(めちゃすてきですね。)
        池野恋「ときめきトゥナイト」(漫画を読むきっかけになったから)
        小田空「空くんの手紙」(付録の紙バッグ、どこにいったの?)
        浦川まさる「赤い風の伝説」(タイトルあっている?
         またもや本が手元にない・・・。)
 秋田書店;英洋子「レディ!!」(”目”がかわいかったです。)
 
・・・楽しくていろいろ描いてしまいましたが、
眠気がー・・・。
清水玲子さんの「月の子」も好きだし・・・。
HITさんは実家にたくさん漫画があるそうですけれど、
わたしもほとんどが実家の部屋に置いてあるので、
この鈍った頭ではなかなか思い出せなかったりします。

ついでに話で選ぶとしたら、岡田あーみんがはいってきたりします。
藤子不二雄は「エスパー魔美」好きですね。
北条司「シティーハンター」読みまくりました。
「ガラスの仮面」早く次が知りたいですよね。
私はドラマの方も大好きでした。田辺誠一かっこいいです。

”りぼん”と”なかよし”で育った私ですが、
絵柄はリボン系の方がだんぜん好きだったような気がします。
人によって好きずきは千差万別だと思うので、
ランキングなんてやったら、同票がいっぱいでて
大変なことになってしまうだろうなあ。

[ 感想・意見・投稿 | マンガ探偵団 | よみの国研究所 ]