よみの国研究所 > マンガ探偵団 > すくらんぶる特急 >

松本洋子さんへのミニファンレター

最終更新[2000.2.4]


「黒の組曲」 by non (1999.4.26)

松本洋子先生の漫画では、私は「黒の組曲」が一番かなぁ・・・。(うーん、順位付けは難しい)
哀しくて・・・。ドラマッチックな雰囲気も好きです。
死ぬことで幸せにたどり着こうとする最後は、子供心に裏切られて、涙々でした。
ところで、松本洋子の漫画のイメージアルバムは(LP)持っていますか?
欲しくて田舎中のレコード屋を探し回った記憶があります。ばらの葬列の曲が好きですね。

HITさんは、漫画家の絵柄が変わっていくのってきになりますか?
私は気になります。仕方ないことなのかもしれませんけれどね。
シャープな感じの松本洋子先生の漫画も、現代のストーリーとあっていいけれど、ちょっとさびしいです。

HIT(1999.4.28)>
松本洋子先生の漫画でメールありがとうございます。HP開設してから初のメールで、感激しております。

 黒の組曲は、私も「黒シリーズ」の中では一番好きです。昔の松本洋子さんの作品は、こういう「救われない」結末が多いのですが、不幸な結末という感じではなく、後になんとなくこれでよかったんだ、というような余韻を残して終わっているので、いいんですよね。

 しかし、「黒の組曲」の時、子供だったんですか。私は、当時大学生で、下宿で読んでいました。(「なかよし」を...)

 「松本洋子の漫画のイメージアルバム」もちろん持っています。発売を知って、近所のレコード屋に『予約』して、購入しました。予約特典として、ポスターももらいました。私の一番好きな作品『ストロベリー探偵団』の大きなポスターで、自分の部屋にずっと貼っていました。

 レコードに入っていたハンカチ2組は、今では2人の娘が使っています(^^)

 曲のなかでは、やっぱり、明るい『ストロベリー探偵団』の曲が好きで、今でも時々口ずさんでいます。

 絵柄ですが、私も、すごく気になります。どちらかというと、絵柄で選ぶタイプ なので。(ただし、作家によります。)

 確かに、最近の松本洋子さんの絵は、「うまくなったなー」とは思いますが、反面、どこにでもある絵のような気もします。ただ、私の場合、松本洋子さんは絵柄で選んでファンになった訳ではないので、それほど気にしていません。洋子先生らしい、ストーリーを展開してくれれば、それで満足です。


「文庫本化」 by non (1999.4.29)

たくさん共通の漫画好きっていると思っているので、いろいろやりとりできればいいですよね!

ところで最近、太刀掛先生、松本洋子先生などのコッミクスが文庫本化されたことってかなりうれしいです。みんな読んで知ってよー、って感じなのです。

HIT(1999.4.30)>
 最近、昔のマンガを文庫本化するのがはやっていますが、いいことですね。松本洋子先生も文庫本化されてきているようで、うれしい限りです。

 ただ、その反面、文庫本化された作品の新書版コミックスは、絶版になる事が多く、その意味では残念です。なぜって、マンガはやはり発表時のサイズに近い方が、細かいところまで読み込めていいですからね。


「ストーリーとキャラクターの魅力」 by non (1999.5.9)

(松本洋子先生は)ストーリーがおもしろいし、キャラクターが魅力的なんですよね。
そこが他とちょっと違うと思っています。
松本先生のでは、やっぱり私は”サニー”が大好きです。
あと”川上君”とか。すぐ人にパクつくところとか・・・。

HIT(1999.5.10)>
 そうそう。私も、「サニー」が一番好きです。「すくらんぶる同盟」の『瀬名』って、サニーと似たキャラクターですよね。

 川上君も大活躍しますが(玉姫様騒動の時には、あっと驚いた)、「シンデレラ特急」のローエングリーンといい、犬のキャラが結構活躍しますよね。松本洋子先生は、犬好きなのかな。


「すくらんぶる同盟」 by 綾子 (1999.5.8)

私も松本洋子さん大好きです。
私は特に「すくらんぶる同盟が好きです。
(キャラでは、タクローくんが好きでした。
あんまり目立ってなかったけど(笑)
私って変わってますか?)

最近、先生の文庫本版がいろいろ出てるじゃないですか。
そこで、また再度先生の本を集め始めました。
今もっているのは
「殺人よこんにちは」と「すくらんぶる同盟1〜3」 です。
これからちゃくちゃくと揃えていく予定です。

HIT(1999.5.11)>
「すくらんぶる同盟」は、私も好きです。「ストロベリー探偵団」のあと、サスペンス・コメディーの作品がしばらくなかった後の、本格的(?)サスペンス・コメディーでしたからね。ただ、後半は、段々と、オカルト・コメディーになって行きましたが(^_^)

 うーん、タクロー君の良さに気が付くなんて、なかなか渋いですね。今度、タクロー君へのファンレターを書いてみませんか。マンガ研究館に掲載しますよ。

 それから、松本洋子さんに限らず、私がファンだった作家先生の作品群が、いま、文庫本化されています。少女マンガって、絶版になるのが早いので、逃さず購入してくださいね。


「すくらんぶる同盟」その2 by 綾子(1999.5.11)

最後には、政孝君は幽体離脱(?)まで、してしまいましたもんね。
「すくらんぶる〜」はもうちょっとやって欲しかったです。
少女誌で9話でしたから、長く続いた方だったんでしょうけど…
少年誌だったら短すぎますよね。
しかし、あのメンバー(キャラ)だったら、もう少し話が展開しそうだったとおもうんですがね…

HIT(1999.5.12)>
 私は、あれくらいで良かったと思います。学園もの、という制約から、松本先生も思うように話を展開できなかったのではないかと思います。(それにしては、ファンタジーの世界にスリップしたり、好き勝手やっていたような気もしますが。)

 そこへいくと、最近作の「闇は集う」は、そういった制約が一切ない「死後の世界の闇の門番」が主人公(?)ですので、一話ごとに異なった趣向の作品になっており、楽しめます。「まきちゃん」の出てくるシリーズは、もろに推理コメディーですし、しんみりした作品、恋愛描写中心の作品など、いままでにない作品の幅があって、いまや松本洋子先生の代表作といっていいでしょう。(コミックスの巻数でも、『すくらんぶる同盟』を抜きましたし)ぜひ、ご一読あれ。


「1年前からファンです」 by MI (1999.8.25)

 実は、先生の本を初めて読んだのはつい一年前くらいなんです。それまで私は、ほとんどまんがを読んだことがありませんでした。

 私のカレは、本好きな人で松本先生のことを知っていました。「昔読んで確か面白かった」と言うので、付き合いで古本屋に行った時になんとなく買ってみたのがきっかけでした。(ちなみにその時買った本のタイトルは「殺人よこんにちは」です)。

 以前は、本よりも洋楽や映画の方が好きだった私が、すっかり引き込まれてしまいました。熱しやすい私は、その時点ですでに、20冊くらい先生の本が出ていると知って、あっというまに全部買い揃えました。どれも面白くて夢中で読み、すっかり先生のファンになったんです。

 どの作品も本当に大好きなんですけど、私が特に気に入っているのは、「黒の組曲」です。大げさかも知れないけど、私の中で映画の「TITANIC」と並ぶくらいの勢いです。全体の切ない雰囲気とか、淡々としているようで深いそれぞれの場面とか、その中で変化していく主人公の表情とか・・・まんがっていうか、芸術と思っています。もちろん楽しい作品も先生の本の魅力です。シリアスなものも、コメディっぽいのもどちらも大好きです。

P.S.私は先生に関すること(年齢や雰囲気など)を、何も知らないのでもし気が向いたら何かメールで情報を教えてください。

HIT(1999.8.27)>
 1年間で松本洋子さんにのめり込むとはすごいですね。

 「殺人よこんにちは」が最初でしたか。あれは、松本洋子さんの出世作です。赤川次郎さんの原作で、何度か2時間ドラマ化されていますが、下手なドラマよりも、松本洋子さんのマンガ化の方が断然面白いです。

 黒の組曲は、私も大好きです。私は元々コメディー派で、ハッピーエンド大好き派なんですが、松本洋子さん(と曽祢まさこさん)の恐怖系マンガは別格です。その松本洋子さんのホラー系マンガの中でも、黒の組曲は大傑作です。松本洋子さんの特長である淡々とした恐怖感と、主人公の力強いさ、暖かさなど、そのバランスが絶妙だからでしょうか。形式的には悲劇なんですが、もっと奥深い魂の救済という点から見れば、十分に「ハッピーエンド」であり、読者に深いカタルシスを味わさせてくれます。何度読んでもいい作品です。

 松本洋子先生の印象ですが、10年以上前に、サイン会(米子から大阪まで夜行バスで行った)でお会いした感じでは、

現在の推定年齢:40歳台前半
雰囲気:先生が書く自画像に良く似ている

 というところです。


「先生の本に感動してるのは私だけじゃない」 by MI (1999.8.27)

 松本先生のファンは、中学生とか小さい人が多いんでしょうか?リアルタイムで先生の本を読んでいないので、ファン層がよく分かってないです。HITさんは、HPを通じていろいろな、先生のファンと接してらっしゃると思うんですけど、どうですか?

私は、ちなみに今年24です。先生の本を初めて読んだのが22の時なので、先生の本がすごく面白くてみんなに「読んでみて」と勧めることはできなかったです。そんなこと突然言ってもきっと友達もビックリするだけだし。だから先生の良さを誰かと語りたかったけれど、「自分はこんな面白いまんがを、偶然でも知ることができて良かった。」って、満足してました。

 でも先日ひょっとして・・と思ってパソコンで検索中に、松本洋子先生のHPがあるのを見つけて、やっぱり先生の本に感動してるのは私だけじゃないんだって、すごくうれしかったです。

HIT(1999.8.31)>
 松本先生のファン層ですが、何分私も、ホームページを見てメールを送っていただいた範囲内しか分かりませんが、20歳台前半から30歳位が多いですね。まあ、現役の小中学生は、インターネットをあまりしていないでしょうからあたりまえかも知れませんが。

 でも、大半は、「子供の頃、なかよしで松本先生を良く読んでいました」という人がほとんどで、『最近ファンになった』という人は、MIさんが初めてですね。

 ただ、MIさんの例があるのですから、同じ年代でも、読んでもられらば、ファンになってくれる人も何人かは出てくるかも知れませんね。勧める価値はあると思いますよ。


「レコード&ハンカチ持ってます」 by あめみ(1999.10.24)

はじめまして、あめみです。
私も松本洋子先生が大好きです。小学1年のころから「なかよし」を読み続けて、今は24歳です。
初めて読んだ作品は「もういくつねると・・・」。すごいどんでん返しにびっくりしました。

私も松本洋子先生のレコード&ハンカチ持ってますよ!
でもハンカチは当時小学生だったので使いまくってしまい、墨汁とかすこしついちゃってる(涙)。
このサイトに出会えてうれしいです。
また書き込みますので、よろしくおねがいします。
(ちなみにわたし、松本先生と同じ誕生日なんです!)

HIT(1999.10.25)>
あめみさんも、レコードとハンカチをお持ちですか。ハンカチは、使いまくるのが普通ですよ。使わずに取っておくと、「マニア」と呼ばれて、白い目で見られます。私の場合は、男性なので、使うと変態といわれるので、使わなかっただけです。今は、二人の娘が使って汚しています。

 誕生日が松本洋子先生と同じとは、すごいですね。


「シンデレラ特急」 by 万里(1999.12.2)

 松本洋子先生のファンサイトを見つけて、とっても嬉しいですっ!

 一番好きな作品は、「シンデレラ特急」です。(中2か中3の時に連載されてました。その時すっごいハマッたんです!)

 どっちかと言うと、かるい感じのミステリが好きです(はあと)オカルトじゃない松本先生の作品、大好きなんですよねー。あのテンポの良さがたまりません。

 今、ものすごく読み返したいのが、「ホップ.ステップ.ラブステップ」(たぶんこういうタイトルだったと思う)です。「灰色半分、恋半分」以外にもあったんですよ、ラブコメ。なかよしデラックスの巻頭に載ってました。

 表紙だけ切り抜いて取ってあるんですが(押入の奥に....)なんでマンガごと切り抜かなかったんだあっ!と後悔してます〜〜〜!なんで未収録なんだあ!あの話好きだったのに。ぜひぜひ、もう一度読みたいです。

HIT(2000.1.7)>
 当方の手違いで,メールが埋もれてしまっておりました.返事が遅くなってしまって,本当に本当に,申し訳ございません.いくら謝っても足りない位です.すみませんでした.

 シンデレラ特急のファンですか.私もあの作品で松本洋子さんにハマリました.それまでも,名前は知っていたし,ホラー物を楽しく読んではいたのですが,ものすごいファン,というほどではありませんでした.シンデレラ特急からです.大ファンになったのは.あのテンポのよさは,他の作家では絶対出せない,松本洋子さん独特のものですよね.

 私も,「灰色半分,恋半分」以外にも確かラブコメが1作品位あった,と記憶しているんですが,作品名とか,すっかり忘れていました.そんなタイトルだったかも知れません.

 私も読んでみたいですが,さて,読む方法があるのだろうか....やっぱり,文庫本化を待つしかないかな.


「はだしでラブステップ」 by 万里(2000.1.8)

 もうひとつのラブコメの正しいタイトルが解りました!(押入から表紙の切り抜きをひっぱり出してきました)「はだしでラブステップ」でした。

 文庫化、してほしいですね〜〜。

とりあえず、読む方法としては、国会図書館(無料)か、現代マンガ図書館(有料)、がありますがどちらも東京都内にあるのです。地方の方はつらいですね。

でもどちらも昔の雑誌を閲覧できるので確実な方法だと思います。

HIT(2000.1.9)>
 一月遅れのメールなのに,怒らないで読んでいただけてありがとうございます.

「はだしでラブステップ」ですか.おお,そういえば,そんなタイトルだったような気が...

 なんだかんだいっても,東京圏の人は,いいですよね.国立国会図書館もすべて電子化してもらって,全世界どこからでも閲覧できるようにして欲しいなあ.

 それでは,これからも,楽しいページを目指しますので,いいアイデアなり,投稿原稿がありましたら,いつでもメールください.待っています.(今度はすぐに返事を出しますので...)


「松本洋子先生、だいだいだーーい好き」 by はんすか(2000.2.2)

 松本洋子先生、(あと、曽祢まさこ先生も)だいだいだーーい好きです。ホームページを見つけて興奮しております。

 私が好きなのは、黒シリーズと「シンデレラ特急」、「殺人よこんにちは」、そして「ばらの葬列」です。(「闇の迷路」と「天使の疑惑」)は傑作です!!小学校の頃から大ファンで、松本洋子先生の絵柄を必死でまねしまくっていました。今も趣味でマンガを描いているのですが、このお二方が私に与えた影響は絶大です。今でも先生の作品は私の教科書です。

 私は特にオカルトやホラーが好きなわけではないのですが、ドラマチックな展開や深みのあるキャラクターにとてもひかれています。でも最近は、今の若い人達にあわせようとしているのか、キャラクターも話もありきたりのような気がして、あまり好きにはなれません。絵も線がさっぱりしすぎてるし…(好きな人がいたら、ごめんなさい!)もっと大人向けの(レディースではなく)作品も描いて欲しいです。先生なら十分描けると思うのに、もったいないです。

 とにかく松本洋子先生や、往年のなかよし名作家について語れる場所が見つけられて、大変うれしかったです。ありがとうございました!

HIT(2000.2.2)>
 「闇の迷路」,「天使の疑惑」もいずれもKCなかよし『ばらの葬列』の収録作品ですね.私は,同じ収録作品の「もうひとりのあたしへ」が好きです.いずれにしてもあの単行本は,傑作ぞろいですね.知らない人に松本洋子先生の短編集をひとつ勧めるとすると,『ばらの葬列』がいいかも知れません.

 そうそう.松本洋子先生のキャラって,ほんと深みがあって,生き生きしているんですよね.最近の先生のキャラやストーリーについて,少々手厳しいですが,まっ,それだけかつての傑作群が偉大だったということでしょうか.でも,実は私も,ちょっぴり感じています.最近の作品で,あっ,これどこかで見たシーンだ,とか,どこかで聞いたせりふ,という事が結構ありますものね.

 私は,もう一度「シンデレラ特急」や「ストロベリー探偵団」のような,こ気味いいテンポの作品を読んでみたいです.最近の作品は,どうも間延びしている感じがしてしまいます.

 大人向けの作品の件ですが,私は思い切って,青年誌に描くっていうのも,ありかな,と思っています.コミックモーニングに山下和美が不定期連載していたりと,最近は結構少女マンガ家が進出しています.青年誌の読者には,松本洋子さんのマンガは,かなり新鮮にうつるでしょう.新たな読者層は,先生にもいい刺激になるでしょうし.


「シンデレラ特急の元ネタ」 by はんすか(2000.2.3)

 ところで他にも松本洋子先生のファンの方のホームページを見つけたのですが、そちらでは作品やキャラクター人気投票も行っていて、結果を見てみると、やはり「ストロベリー探偵団」の人気は根強いですねー。同じ松本作品のコメディものでも私は「シンデレラ特急」の方がどちらかといえば好きです。舞台からしておとぎ話の世界みたいで、わくわくするからです。

 「ストロベリー」の方はなんだかその後の「すくらんぶる同盟」に雰囲気といい、キャラクターといい、似てると思いませんか?どうも前者は後者の原型的な作品のような気がするのですが……。

 HITさんは松本洋子グッズのコレクターでもいらっしゃるようですが、デジカメに写っていた万里とルーファスの下敷き、私も持ってましたよー。それからあの作品には、タロット占いがでてきますが、タロットカードも付録でありましたよね!何度も何度も遊んだ記憶があります。なつかしいなー。

 ところで、「シンデレラ」のネタについて私は一つ推測していることがあります。当時コバルト文庫というジュニア小説にちょっとはまっていて、氷室冴子の「シンデレラ迷宮」と「シンデレラミステリー」という作品を読んだのですが、この中にジェイン(あの「ジェイン%エア」のジェインです)と万里というキャラクターがでてくるんです。タイトルといい、松本先生は絶対これを読んだに違いないとふんでいるのですが、どうでしょう?

 それから、「黒の輪舞」については、映画「キャリー」の影響を強く受けている気が します。

HIT(2000.2.4)>
 他の松本洋子さんのファンページというと,ロマンス堂の「闇の迷宮」ですね.あそこは私も良く顔を出しています.(掲示板に名前があります.)こちらでも,何か面白い企画はできないものかと考えているんですが,なかなか思い付かない...何かいいアイデアがありましたらよろしくお願いします(^^)

 「すくらんぶる同盟」ですが,確かに瀬名は,ストロベリーのサニーと性格が似ていますが,シンデレラ特急の続編ともいうべき王室お家騒動もあったりして,どちらかというと「松本洋子集大成」作品ですね.そのうち,詳細研究レポートでも書こうと思っています.(いつのことやら)

 松本洋子グッズの写真は,私のではありません! 団員のnonさんの所有物です.(私はデジカメすら持っていない...)でも,下敷きもタロットカードも当時購読していたので持っていました.どこにいっちゃんたんでしょうね.

 シンデレラ特急の元ネタ情報ありがとうございます.こりゃ,ほぼ間違いないですね.

 松本洋子さん用の専用掲示板を設けましたので,そちらもよろしく.


[ 番人の集い(掲示板) | すくらんぶる特急 | マンガ探偵団 | よみの国研究所 ]