米子駅前地下駐車場の利用促進

最終更新:[2000.1.10]
 米子駅地下駐車場は、米子市が鳴り物入りで整備したものですが、予想を大幅に下回る利用しかなく、赤字が続いているようです。地下駐車場の利用促進について考えてみましょう。


現状分析

By HIT [1999.11.1]

 この駐車場は、米子駅前広場の地下にある自走式駐車場で、150台分のスペースを、昇降機能を使って、2倍の300台が収容できる仕組みになっています。

 新聞報道等によりますと、1日600台の利用を見込んでいたのに、1日200台程度の利用しかなく、赤字だということです。

 現在の米子駅前地下駐車場の駐車料金は、以下のようになっています。

最初の30分100円
30分を超え24時間まで(*)30分ごとに130円を加算
24時間を超えるとき(*)1時間ごとに130円を加算
定期利用1か月 10,190円
(*)営業時間以外(午前0時から午前5時)は、計算から除外する。


長時間駐車料金の値下げ

By HIT [1999.11.1]

 現在の利用低迷の原因のひとつが、料金の高さにあるのは明らかです。

 新聞報道によりますと、現状の料金体系は、周辺の駐車場料金を下回らないように(官業による民業圧迫という批判を避けるため!)決められたようです。しかし、この料金体系には、重大な欠陥があります。体系の更新による駐車料金の値下げがぜひとも必要です。

 駐車場の利用形態は、千差万別です。しかし、主な利用は、以下の3分類に収まるでしょう。

(1)不定期の30分〜4時間程度利用(周辺施設利用者)
(2)不定期の2〜5日程度の利用(短期旅行者)
(3)定期の利用(仕事)

 普通の駐車場では、(2)の利用者はほとんどなく、(1)と(3)の利用者だけを相手にしていれば問題ありません。それぞれの料金体系は、別々に定められているのが普通です。なぜなら、短時間利用の(1)を対象にした料金体系をそのまま(3)に適用すると、料金が高くなり過ぎ、だれも利用しないからです。

 駅前地下駐車場の現在の料金体系では、(1)と(3)の利用者には対処できますが、(民間の駐車場を参考にしたので、当たり前?)(2)の利用者には対処できません。他の一般的な都心部の駐車場と違って、駅から徒歩0分という環境にあるこの駐車場は、潜在的には、(2)の利用者となるべき顧客層を持っていながら、料金体系のミスから、みすみすこれらの顧客を逃してしまっている可能性が高いのです。

 具体例を示しましょう。米子駅から大阪に1泊2日の出張する人の場合、駅前地下駐車場に駐めたとすると、駐車料金は、6,470円(36時間)かかります。これなら、市内の大半の地区で、「行き帰りタクシーを使った方が安い」ことになりますので、地下駐車場を利用する人はほとんどいないでしょう。2泊3日、3泊4日と泊数が増えるほど、駐車場の不利さは増していきます。だいいち、3泊4日(84時間)の利用料金は、11,410円となって、1か月の定期利用券を買った方が安い、という逆転現象が起きてしまいます。いかに、2-5泊程度の利用を想定していない料金体系か良く分かるでしょう。

 では、具体的に、どの程度の料金にするべきでしょうか。1日単位の利用料金が余りに安過ぎると、利用者の大半を占める短時間利用者がそちらに流れて、いくら2-5泊の利用者が増えても、全体として減収となります。短時間利用者の上限はどう長めに見積もっても8時間程度ですから、8時間の利用料金(2,080円)程度が1日分の料金にふさわしいと思います。

 ちなみに、2日目以降は、スペース占拠による遺失利益を回収できればよい、という考え方から、標準的な1時間30分利用者(料金360円)が1日3回転した時の1日分の1駐車スペースの収入額(1,080円)程度の追加料金とすることが妥当だと思われます。

 まとめますと、2-5泊の利用者を対象にした値下げは、以下のような新しい料金体系を採用することによって、実現できます。

最初の30分100円
30分を超え7時間30分まで30分ごとに130円を加算
7時間30分を超え24時間まで2,000円(定額)
24時間を超え12時間ごとに500円を加算

 具体的に、料金を新旧で比較してみましょう。参考のために、条件の似た長距離交通機関利用者用駐車場も挙げておきます。

 米子駅前地下駐車場米子空港駐車場羽田空港駐車場関西空港駐車場
 現在改善後
1時間230円230円150円400円610円
2時間490円490円300円800円1,230円
4時間1,040円1,040円600円1,600円2,440円
12時間3,090円2,000円600円3,000円3,000円
16時間4,130円2,000円600円4,400円4,000円日帰り
36時間6,470円3,000円1,200円7,400円5,000円1泊2日
60時間8,940円4,000円1,800円11,000円7,000円2泊3日
84時間11,410円5,000円2,400円14,600円9,000円3泊4日
106時間13,880円6,000円3,000円18,200円11,000円4泊5日
130時間16,350円7,000円3,600円21,800円13,000円5泊6日
154時間18,820円8,000円4,200円25,400円15,000円6泊7日
1か月定期10,190円10,190円

 この比較表をみると、従前の米子駅前地下駐車場は、泊利用の場合には、関西空港駐車場を上回る高額をとっており、いかに理不尽な料金体系であったかが分かります。

 この新しい料金体系では、3泊4日程度まで、タクシーに対して競争力が出てくるので、タクシーから駐車場利用への転移が相当数見込まれるとともに、旅行を諦めていた人が旅行を思い立つという需要喚起効果も十分に見込めます。

 米子駅発の優等列車利用者数(約1,000人。HIT推計)の10%が利用すると仮定すると、1年間で約5,500万円の増収になります。


ビジネスパックの導入

By tonton (1999.12.23)

 はじめまして,tontonです。

 私は出張ばかりしている米子市民です。

 米子駅前地下駐車場の件ですが、二度ほど利用しました。一度目は時間がないときに関西に出張しなければならなくなり、駐車してみたのですが、帰ってきて料金を知った時、「だまさた!!」と感じたのが正直な気持ちです。(その時、二度と利用しないと心に誓ったのですが・・・)

 二度目は米子の町並みをチェックしたいというお客さんがいて、そのお出向かいの為に駐車してしまいました。地下があることを見せたいばっかりに使ってしまったのですが、この時は納得のゆく金額でした。

 私の体験からも、HITさんのレポートに賛同いたします。

(といっても、振り子の揺れでくたびれるので「やくも」だけには乗車したくないというのが本心ですが。)

 でも、JRさんに、駅駐車場とJR運賃とホテルを含めた形での、リーズナブルなビジネスパックを企画して頂けるのならば、振り子も我慢するかもしれません。(全国でも唯一、できればグリーン車にしようかと財布を見つめながら迷う区間では?)


[ 意見・投稿 | 生真面目掲示板 | 山陰応援団 | よみの国研究所 ]