海外でも使えるキャッシュカードBy HIT(1997.9.25)


 シティバンクってすごいんですよ。日本円の普通預金口座があれ ば、世界中で、キャシュカードが使えて、しかも現地通貨で引出し可能なのです (手数料はもちろん無料)。私もタイのバンコクで、ATMからバーツ紙幣が出てきた 時には、感動しました。

 でも、米子に支店ができる事は、100%ないでしょうね。ただし、来年から郵便 貯金とシティバンクのATM相互利用が始まりそうですから、郵便局のATMで引出し 預入自由で、24時間テレフォンバンキング可能という、おそろしく強力なキャッ シュカードカードになりますよ。これは。

 また、現在でも、シティバンクのキャッシュカードは、銀行や農協で引出しの み可能です。しかも、月平均残高が100万円以上の人は、月4回まで手数料無料で 引き出せるという特典つきです。(地元銀行のATMで、シティバンクのカードを使 って、土・日に引き出すと210円の手数料を取られますが、後日、シティバンク から口座に210円振り込まれる形でキャンセルされる。)

 土・日の利用に限れば、(自行カードでも手数料を取られる)地元銀行のキャッ シュカードよりも、はるかに便利です!!!平日でも、その銀行の支店がない地域 で急に現金が必要になった場合なども、どこの銀行で引き出しても手数料無料の シティバンクのキャッシュカードは、とてつもなく便利です。私も急な出費に備 えて、常に持ち歩いているくらいです。

 元々キャッシュカード利用者に手数料を取る国は、先進国では、日本くらいな ものらしいです。まったく日本の銀行は...。

 以上、シティバンクの便利機能について説明してきましたが、特定の銀行の宣 伝をしているのではなく、日本の金融サービスがいかに遅れているか、どうして 金融ビッグバンがどうして必要なのかを理解していただくためなので、お間違い なく。

 金融ビッグバンが起こると、外国金融機関が日本で自由に営業できるようにな りますが、こうした外国銀行のサービス(の一部)を目の当たりにすると、日本の 金融機関がいかに利用者を軽視していたか分かりますね。このままでは、外国金 融機関に市場を根こそぎ持っていかれかねません。

 利用者にとっては、それでもいいような気もしますが。


HITさんにメール / 金融済生への道に戻る / 政経考現学に戻る / よみの国研究所に戻る