よみの国研究所 > 理想の交通 >

フリーゲージトレインの停車パターン

by スーパーざこば南光 [2001.5.30][2001.6.2追加]

(1)もし、岡山駅の東側に軌間可変装置を設置した場合

停車駅

のぞみ

くろしお

しおかぜ

やくも

にちりん

備考

東京

始発

始発

 

 

 

 

新横浜

停車

停車

 

 

 

 

名古屋

停車

停車

 

 

 

 

米原

通過

停車

 

 

 

 

京都

停車

停車

 

 

 

くろしおと同一ホームで乗り換え

新大阪

停車

↓(*1)

始発

始発

始発

しおかぜ・やくもと同一ホームで乗り換え

新神戸

停車

 

停車

停車

停車

しおかぜ・やくもは新大阪・岡山間併結

姫路

通過

 

停車

停車

停車

 

岡山

停車

 

停車

停車

停車

 

福山

通過

 

↓(*2)

↓(*3)

停車

 

広島

停車

 

 

 

停車

 

小郡

通過

 

 

 

停車

 

小倉

停車

 

 

 

停車

にちりんと同一ホームで乗り換え

博多

終点

 

 

 

↓(*4)

 

 


(2)もし、岡山駅の西側に軌間可変装置を設置した場合

停車駅

のぞみ

くろしお

しおかぜ

やくも

にちりん

備考

東京

始発

始発

 

 

 

 

新横浜

停車

停車

 

 

 

 

名古屋

停車

停車

 

 

 

 

米原

通過

停車

 

 

 

 

京都

停車

停車

 

 

 

くろしおと同一ホームで乗り換え

新大阪

停車

↓(*1)

始発

始発

始発

 

新神戸

停車

 

停車

停車

停車

しおかぜ・やくもは新大阪・岡山間併結

姫路

通過

 

停車

停車

停車

 

岡山

停車

 

停車

停車

停車

しおかぜ・やくもと同一ホームで乗り換え

福山

通過

 

↓(*2)

↓(*3)

停車

 

広島

停車

 

 

 

停車

 

小郡

通過

 

 

 

停車

 

小倉

停車

 

 

 

停車

にちりんと同一ホームで乗り換え

博多

終点

 

 

 

↓(*4)

 

 


(1)と(2)との違いは、のぞみ、しおかぜ・やくもとをどこの駅で乗り換えさせるかだけです。つまり(1)では、新大阪で乗り換えさせて、(2)では岡山で乗り換えさせることによって、利便性を図っています。

(*1)京都から在来線に入って、東海道線、阪和線、紀勢線経由で新宮方面へ

(*2)岡山から在来線に入って、瀬戸大橋線、予讃線経由で松山方面へ

(*3)岡山から在来線に入って、伯備線、山陰線経由で出雲市方面へ

(*4)小倉から在来線に入って、日豊線経由で大分、宮崎方面へ

 

なお、(*3)については(3)で詳しく述べます。

また、各名称については仮でして、今の特急が走っているところに相当する路線にフリーゲージが乗り入れるということで、やくも、にちりん、…というように便宜上名付けました。


(3)(速達版と地元版の)やくもの在来線内での停車駅

 停車駅:()は止まらない場合もあります
速達版やくも倉敷 (備中高梁) (新見)  米子(安来)松江(玉造温泉)(宍道)出雲市(新見・根雨間は短絡ルート経由)

地元版やくも倉敷(総社)備中高梁(井倉)新見生山根雨米子安来松江(玉造温泉)宍道出雲市 

 

HITさんの案のように新見・根雨間を短絡ルートで建設するとともに、従来の新見・生山・根雨間の線も残しておいて、地元の人の利便性を図ります。これまでも、やくもの全本数のうち約半数が生山に止まっているので、この分を、従来の線を経由させて生山に止まらせ、残りの分の速達版を、生山を経由させずに短絡ルートで速達化を図ります。

従来のルートには普通と上記地元版のやくも、サンライズ出雲あたりが走って、短絡ルートには上記速達版のやくも、また(従来のルートにサンライズ出雲を走らせない場合には)サンライズ出雲あたりが走るというのはいかがでしょう?


 追加事項がありました。基本的には、くろしお、やくも・しおかぜ、およびにちりんを、それぞれ1本/1hとして想定しています。

 やくも・しおかぜ、およびにちりんによって、山陽新幹線の新大阪・岡山間が過密ダイヤになる可能性がありますので、そのときには、にちりんを岡山または広島発着にして、過密ダイヤを防ぐという手もあるでしょう。

(2001.6.2追加)


[ みんなの交通掲示板 | 理想の交通 | よみの国研究所 ]